映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

バットマン: マスク・オブ・ファンタズム( Batman: Mask of the Phantasm)

  ダークナイト三部作でバットマンのカッコよさを思い知ったので、もっとバットマン作品を見たいー!とTwitterで叫んだら、DCユニバースファンの諸先輩がたからいろいろ教えてもらえました。本当にありがたいことです。

 いやしかし、バットマン、奥深すぎて、足を踏み入れることにだんだん及び腰になりかけてたりもしますが、孤独ヒーローのカッコいい物語は大好物なので、ゆっくり攻略していってみようかと。

 で、今回見たのが、"Batman: Mask of the Phantasm

 

 

 バットマンに殺人の容疑がかけられてしまうというお話なのですが、なかなか切なくて見ごたえありました。

  ブルース坊ちゃん、ダークナイトで感じた印象よりもはるかにピュアでびっくり。ピュアというか、なんともお育ちがいい。 正義の味方の中の人の育ちのよさになんで自分がこんなに驚いているのか我ながら意味不明ですが、でもなんだか驚いたわけなんですよ。 ああ、この人は別に戦う必要のない人で、その気になればいくらでも安楽な道を歩めるのに戦いに身を投じたんだなぁと思うと、なんだか可哀想になってきたというか。アルフレッドがそばにいてくれてよかったとつくづく思ったわけです。

  ジョーカーもでてきましたが、こちらのジョーカーはなんだか陽気。 こんなのに目をつけられてますますウェイン坊ちゃんのことが気の毒になってしまったのでありました。

 

- Vengeance blackens the soul, Bruce. I always feared you would become that which you fought against. You walk the edge of that abyss every night, but you haven't fallen in.  And I thank heaven for that.

 

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: 84%

www.rottentomatoes.com