映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

いだてん 第39回 「懐かしの満州」

 志ん生師匠と圓生師匠の満洲談が破天荒すぎて。いよいよバイオグラフィー的な本を読みたいと思ってしまった。

 2人ともその凄まじい混乱期を生き抜いて日本に戻ってきたのがすごい。

 五輪のお父さん、小松勝と志ん生師匠のつながりがついに明らかに。ここの部分は創作だろうけれど、最後は痛ましかった。