映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

コードネーム:ストラットン (Stratton)

 プリーチャーでジェシー・カッター役を演じているドミニク・クーパー主演ということで視聴。

  俳優目的で見る映画は97.5324%の確率で外すという予想に違わず。

 

 ええ残念な映画でした。

 アメリカのネイビーシールズのモデルとなった英国海軍のSBS隊員とネイビーシールズ隊員がタッグを組んで危険な極秘任務に挑む...ということで冒頭はそれっぽさを醸し出していたのですが、そのミッションが終わってからは、急速に劣化というかなんというか。

 シリーズものを目指していたのかな?

 詳しいわけではないから私の見当違いかもしれないのですけれど、サリン容器を搭載しているドローンを止めるのに、それを乗せて走っているバスやドローンそのものに手榴弾を投げてしまって大丈夫なのでしょうか。容器が破損して中身が漏れたら大変なことになるんじゃないかとヒヤヒヤしてしまいました。

 ツッコミだしたらキリがないので、嬉しかった点を一つ。

 デレク・ジャコビ氏が主人公の育ての親役で愉快でまともな優しいおじいちゃんとして登場。

 ぜんぜん知らなかったので、好きな俳優さんを同画面上で見られたというのは嬉しかったかな。

 あとはもう別にどうでもいいです。

 

私の好み度:⭐️⭐️/5  

🍅:0%

www.rottentomatoes.com