映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

ホビット 決戦のゆくえ (The Hobbit: The Battle of the Five Armies)

 ようやく観た。ガラドリエル様は怖いと思っていたけど、あそこまで怖かったとは!自分の中の旬が過ぎてない時に見たらもっと楽しめたんだろうなぁ。

 

 トーリンとキーラは悲しかったな。でもトーリンがビルボに看取ってもらえたのは良かったし、じんときた。一番テンションがあがったのが、最後の最後でレゴラスが言われた"ドゥネダインのストライダーを探せ"の一言。レゴラスがこれからアラゴルンに出会うんだなぁとワクワクしてしまう。どれだけ描かれるのかは知らないけれど、アマプラでドラマ化されるロード・オブ・ザ・リングが今から楽しみでしょうがない。ドゥネダインに焦点合わせてくれたら嬉しいけれどなぁ。ストライダー時代もいっぱい見たい。ストライダー時代のガンダルフとの関わり合いとか、ハラバルドとの友情みたいなのとか。

 映画ロード・オブ・ザ・リング・トリロジーのファィナルでは、これでこの世界ともお別れとただただ寂しくてしょうがなかったけど、今回は、これでお別れというよりも今から出会える、ここから始まる、と思わせてもらえた。ピーター・ジャクソン監督にありがとうと言いたい。

 

私の好み度: ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: 59%

www.rottentomatoes.com