映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

いだてん 第12回「太陽がいっぱい」

金栗四三さん、ストックホルム・オリンピックマラソン、ついにスタート。あちらで“迷子になった日本人”として今でも有名なのだから、真っ当なレースにはならないんだろうなぁとはわかっていたものの、やっぱりあれだけ思いつめていてゴールも出来なかったというのは切なかった。今回ばかりは落語とのクロスオーバーはうまく効いてなかったような。もうちょと四三さん側のドラマに集中していたかったというのが本音。大森先生もなんだか壮絶だし。来週、四三さんの記憶が飛んでたあたりのことが明らかになるようなので楽しみにしたい。