映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies)

"It doesn’t matter. It doesn’t matter what people think. You know what you did. "

  BSで放送されていたのをたまたま見ただけだったのだが、思い切りやられてしまった。こういうの弱いんだー。

 

 トム・ハンクス演じる主人公のジム。ジムは腕利きの弁護士で事務所からソ連のスパイということで逮捕されたアベルの弁護をするよう命じられる。

 時は冷戦最中の1957年。ニュースや新聞ではソ連の核の脅威が毎日のように取り沙汰され、学校でも核の脅威の恐ろしさと身の守り方を子供達に徹底的に教育している。おかげでジムは世間からのみならず子供たちからまで、「どうしてソ連のスパイなんかの弁護をするの? ソ連はアメリカに核を落とそうとしている悪い国でしょう?」と責められるはめに。

  外を歩けば冷たい視線を投げかけられ、家にいれば嫌がらせに威嚇射撃を受けたりする。司法機関もまったく味方ではない。警官からも「なぜスパイなんか弁護するんだ!」となじられるし、判事ですらジムがFBIの違法捜査を根拠に異議申し立てをしようとすると「まさかまともに裁判するつもりじゃないだろうな。私の法廷ではやめろ。相手はソ連のスパイだぞ。裁判なんて形だけに決まっているだろうが」と怒り出す始末。CIAは「アベルが話したことすべてこちらに報告してもらおう」「何ゆうてまんねん。わて、弁護士ですぜ。守秘義務ありまんねん」「国家の安全のためだ」「だから守秘義務が...」「国家の安全がかかっているんだぞ。規則なんか無視してもろう」って、そんな理屈が弁護士に通りますかいな!

 ジムはただ弁護士として当たり前の仕事をしようとしているだけなのに、あっという間にパブリック・エネミー・ナンバー1もといアベルの次に憎まれるナンバー2に祭り上げられてしまう。

 いやそんな。弁護士が弁護する相手でいちいち態度変えているようじゃ、むしろそれプロの弁護士として恥ずかしいことだから!

 ジムは世間の目が辛かろうが周囲の当たりがきつかろうが、弁護士として自分が遵守したい職業倫理を貫き、全力でアベルの弁護士をつとめ続ける。 外でのヒートアップぶりとは裏腹にアベルは終始冷静だった。ジムが不思議になるくらい冷静で、思わずジムが「死刑になるかもしれないんだぞ? 不安にならないのか?あんた平気なのか?」と聞いてしまうぐらいだ。アベルは「不安がればなんか役にたつのか?」と淡々。これは何度も繰り返される会話だがアベルは常に平静で、どんな有利な取引を持ちかけられても、死刑と脅されてもソ連側についての情報をもらすことは一切なかった。

 ジムはアベルはアベルで職業倫理を遵守しているとだけだと、その点で自分と何一つ変わらないのだと気がつき、その姿勢に対して敬意をもつ。「国の命令で国のために命がけで役目を果たしている人間を犯罪者のように扱っていいのか? アメリカのためにアベルと同じようなことをしているアメリカ人が敵側に捕まったら、その時はその人物をこう扱って欲しいと思うような態度で接するべきじゃないのか?」とついには最高裁判所まで持ち込んで問いかける。アべルはアベルでそんなジムのプロフェッショナルな姿に敬意と好意を持つ。

 誰一人味方のいない中、ジムは弁護士として依頼人に最善な道を模索し続け、依頼人のために交渉し続ける。

 もうなんか政府関係者っていうのはどうしてこうわからやずやばっかりなんだと見ているこっちもジム以上にイライラするわ、理不尽すぎて憤懣やるかたないわ、やるせないわで悶絶しっぱなし。見終わった時には心底疲れきっていた。

 この映画で一番好きなところはジムとアベルの間にゆっくりと築かれていく敬意に基づいた信頼と絆だ。橋の上での二人の会話は今思い出しても胸が熱くなる。アベルはどこまでも淡々としていて、ジムはアベルの身の上が心配してやきもきしていて、そのままついて行ってあっちでもアベルの弁護士やっちゃいかねない感じだったんだけど。しょぼくれた哀愁のおいたんなのにアベルがなんかもうとんでもなくカッコイイっていう。いや、なんかもういいもの見た。

 人として、基本的人権にのっとって、倫理的に間違えないでいることが時と場合によってはとんでもなく難しい。見極める知性。そして流されない勇気と信念。それがまったく他人に理解されない中、どこまで貫けるのか。自分はそんな時果たして不屈な人になれるのか? うーん、長いものに巻かれちゃった方が楽ぅーに思い切り流れちゃいそうだな...。まずは一人一人がそこの勇気を奮い立たせることが、よりよい明日への大事なステップなのかもしれない。それもアベルがジムにいってたことのような気がする。  

 

Hoffman: Has your guy talked?

James: Excuse me?

Hoffman: You met him. Has he talked? Has he said anything yet?

James: We're not having this conversation.

Hoffman: Of course not.

James: No, I mean we are really not having it. You're asking me to violate attorney-client privilege.

Hoffman: Aw, Come on, counselor.

James: You know, I wish people like you would quit saying, 'Aw, come on, counselor'. I didn't like it the first time it happened today. A judge said it to me twice. The more I hear it, the more I don't like it.

Hoffman: OK, well, listen, I understand attorney-client privilege. I understand all the legal gamesmanship, and I understand that's how you make your living, but I'm talking to you about something else, the security of your country. I'm sorry if the way I put it offends you, but we need to know what Abel is telling you. You understand me, Donovan? Don't go Boy Scout on me. We don't have a rule book here.

James: You're Agent Hoffman, yeah?

Hoffman: Yeah.

James: German extraction.

Hoffman: Yeah, so?

James: My name's Donovan. Irish, both sides. Mother and father. I'm Irish and you're German. But what makes us both Americans? Just one thing. One. Only one. The rule book. We call it the Constitution, and we agree to the rules, and that's what makes us Americans. That's all that makes us Americans. So don't tell me there's no rule book, and don't nod at me like that you son of a bitch.

 

Abel: You've never asked me if the charges were true. If I am indeed a spy.

James: This is how we do it. The case against you matters. Making them prove it matters. The fiction is: Whether you did it or not doesn't matter. The state has to prove it, that you're a spy.

 

Abel: Standing there like that you reminded me of the man that used to come to our house when I was young. My father used to say: "watch this man'. So I did. Every time he came. And never once did he do anything remarkable.

James: And I remind you of him?

Abel: This one time, I was at the age of your son, our house was overrun by partisan border guards. Dozens of them. My father was beaten, my mother was beaten, and this man, my father's friend, he was beaten. And I watched this man. Every time they hit him, he stood back up again. So they hit him harder. Still he got back to his feet. I think because of this they stopped the beating. They let him live. 'Stoikiy muzhik'. I remember them saying. ''. Which sort of means like uh, 'standing man'.

 

James:  ...What do you think’ll happen? When you get home?

Abel : I think...I’ll have a vodka.

James: But will they....,Is there not the possibility...

Abel: That my people are going to shoot me?

James: Well...yes. You’re not worried?

Abel: Would it help?

 

Abel: To answer your question, my friend. I acted honorably. I think they know that. But sometimes people think wrong. People are people. We’ll see how they greet me.

James: What can I look for?

Abel: If I’m embraced. Or just shown the backseat.

 

Hoffman: Okay, let’s go. Pryor’ll show up, or he won’t; let’s go.

James: They’re waiting to see if we’ll do it without him. We just have to stand here, show them we won’t.

Hoffman: I don’t give a shit what they want, we have our objective. Go ahead Abel. Go ahead sir, you can go.  

Abel: We’re waiting for another man?

James: Yup.

Abel: You want him too?

James: I want him.

Hoffman : Doesn’t matter what he wants, sir, I’m in charge and you are free to go. Please go.

 Abel : Stoikey Muzhik. I can wait.

 

Abel: I sent you a gift, Jim. It’s a painting. I hope it has some meaning to you.

James: I’m sorry I didn’t think to get you a gift.

Abel: This is your gift. This is your gift.

 

James: It doesn’t matter. It doesn’t matter what people think. You know what you did. 

 私の好み度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️/5

🍅: 91%

www.rottentomatoes.com