映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

いだてん 第11回「百年の孤独」

ついにストックオリンピック本番。“日本人に短距離走は100年早い“と弥彦ぼっちゃん。100m、200m、400mとなんの前情報もなくオリンピックで走ったのは大変なプッレッシャーだっただろうなぁと。笑顔が痛々しくもあり。ストックオリンピックが1912年。日本人が短距離でメダルをとったのが2008年の北京オリンピックだったというから、ほぼ言葉通りだったのもすごいなぁと。次は金栗四三の番だけど、金栗四三はストックホルムで迷子になった日本人として未だに名を知られているということは...ん?もしやゴールしなかったってことかな?? あとは志ん生師匠の伝記みたいなのがあるなら読んでみたいなぁ。