映画鑑賞メモ

ネタバレを含んでいますのでご注意ください

ベイビー・ドライバー (Baby Driver)

すごく面白かった!  なにもかもがすべて最高にうまく組み合わさってた!

文句無しで出会えて本当によかったと思えた映画の一つ。

 

Read more

アナイアレイション -全滅領域 (Annihilation)

 アレックス・ガーランド氏の作品とは残念ながらどうも相性が合わないようだ。見終わった今、なんとか感想を書こうと試みているが、頭の中は真っ白で何も思い浮かばないので困っている。 

 

Read more

MUD マッド ( Mud )

ピュアを裏切らない物語。

  14歳の少年エリスと親友のネックボーンは中洲の森で木の上に引っかかったボートを見つけ、そこでマッドという奇妙な男に出会う。

Read more

いだてん 第26回 「明日なき暴走」

 今回は人見絹枝さんのお話にボロボロ泣いてしまった。

 女子ではじめてのオリンピック出場。

「女子だからだめなんだ。女子だから無理なんだ」と言われ、今後の女子の道が絶たれないように。短距離で結果をだせなかったために、それまで走ったことのない800メートルでオリンピック本番で参加を決意して銀メダルを勝ち取る。

 同じ選手でありながら男子の服の洗濯をしたり、縫い物をしたり。 それが男子にも女子にも不思議でなかった時代。

 雑用をこなしながら、なおかつ精神的に集中も高めていかなくてはならない。

 なによりも結果をださないといけない。

 24歳の若さでなくなったという。

 過労死だったのではないかとおもう。

 新聞記者として仕事をしながら、全国各地に女子スポーツ、陸上の理解をひろめるため飛び回った。仕事でも手を抜くことは一切許されないような状況だっただろう。 誰にも文句を言われないよう、女子だからダメなんだと言われないよう。

 かつて、人生を必死に生きた人がいた。 駆け抜けていった人がいた。

グローリー/明日への行進 (Selma)

見る前から覚悟はしていたものの、やはりものすごく重たいパンチをくらった。

Read more

ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)

 悪びれることのない堂々たる下劣さを3時間たっぷり浴びせかけられ、危うく食あたりしそうな映画だった。

 

Read more

イージーマネー (Snabba Cash / Easy Money)

なかなかにパンチのきいた作品。後味がひどく苦い。

イージーマネー [DVD]

イージーマネー [DVD]

 

 

Read more

スーパーナチュラル シーズン 12 (Supernatural Season12)

“Greater Good”を語りだすとロクでもない。

SUPERNATURAL 12thシーズン コンプリート・セット(1~23話・4枚組) [Blu-ray]

SUPERNATURAL 12thシーズン コンプリート・セット(1~23話・4枚組) [Blu-ray]

 

 

Read more

トゥー・フォー・ザ・マネー (Two for the Money)

膝の怪我で手に届きかけていたプロのアメフト選手になる夢が頓挫したブランドン。しかし、プロになる夢を諦めきれず入団テストを受け続けながら、電話情報サービス会社でアルバイトをする生活を送っていた。

 ある日、頼まれて代わりにアメフトの勝利予測の電話情報を担当し、予測が見事に的中する。そこからアメフトの勝利予測担当になり、予測を見事に的中させていったことから、ニューヨークのスポーツ賭博専門情報会社の社長ウォルター・エイブラハムに才能を見込まれ高額ギャラで引き抜かれる。ウォルターはブランドンをスポーツ勝利予測界のスターに仕立て上げるため徹底的に教育する。

Read more

海賊じいちゃんの贈りもの (What We Did on Our Holiday)

とても好きな映画だ。

 大上段に構えることなく人生や死について優しく、そしてそっとさりげなく何も怖がることはないんだよと耳に囁きかけポンと肩を叩き励ましてくれるような、これはそんな映画だと思う。

Read more

プルートで朝食を (Breakfast on Pluto)

ダーレクだ!ダーレクがでた! 

1960年〜1970年代のイギリスを描くのにDoctor Whoは欠かせないということで。 本当にものすごい人気だったんだなぁと認識。

え? Doctor Whoを知らない?

それはそれはなんとまぁもったいないことを。

Read more

いだてん 第25回「時代は変る」

金栗四三さん、三度目のオリンピック出場。結果は棄権。日本人としてはじめてオリンピックに出場し、その後3回も選手として参加していたというのはすごいと思う。
今回から物語の中心はまーちゃんこと田畑政治。
エネルギーのほとばしりがすごすぎて呆然。
実際はどんな感じの人なんだろうと思ったら、結構本当にそんな感じっぽい人だった。
言いたい放題のまーちゃんを嘉納せんせいがエイやっと投げ飛ばしたところはかっこよかった。
キャラがすごすぎて、そこにばかり気がいってしまうけれど、なんだかすごいやり手なんだなという人もひしひしと伝わってきて、もうちょっと頑張って見ていきたいと思う。

Rick

なんというか苦い映画だった。

f:id:Miyelo:20190627141419j:image

 20歳年下のCEOデュークの下で働くリックは上司であるデュークにはへつらってばかりだがそれ以外の相手はあからさまに見下す嫌な男だった。しかし、デュークがイヴに目をつけたことを知ったデュークは殺しを請け負う会社を経営しているかつての大学の同級生にデューク殺害を依頼する。

 

Read more